ハイブリッド・クラウド&ソフトウェア ソリューションガイド

TOP > IBM Business Process Manager Advanced

高い柔軟性を持つビジネス・プロセス管理機能を備え、既存システムとの高度な連携も実現する統合型プラットフォーム

IBM Business Process Manager Advanced

IBM Business Process Manager Advancedは、ビジネス・プロセス管理、基本ケース管理、サービス指向アーキテクチャー(SOA)、ビジネス・プロセス分析の組み合わせにより、ビジネス・オペレーションを分析して改善するための統合型プラットフォームです。

■可視化を行うことでタスクを簡素化し、分析を通して継続的にプロセスを改善可能
■コラボレーションを通して専門家とのコミュニケーションを容易にして、プロジェクトのタイムリーな完了を確保
■集中管理されたスケーラブルな共通の設計環境とアセット・リポジトリーであるProcess Centerを使用
■アプリケーションとバックエンド・システムの全社的な統合
■IBM Business Process Manager Standardの機能を包含

ビジネス・プロセスと既存システムとのスムーズな連携

IBM Business Process Manager Advancedの持つBPELを使用したシステム・ワークフロー機能によってビジネス・プロセスと既存システムのシームレスな連携が可能です。ビジネス・プロセスの流れに応じてバックエンドの複数のシステムに跨った参照・更新処理が可能で、一貫性を持ったトランザクション処理もサポートします。IBM Business Process Manager Advancedの持つBPELは、処理途中での待ち合わせが可能な長期実行型フローや、瞬時に終了するシングル・トランザクションのマイクロ・フローを処理の要件に応じて組み合わせて使用することができます。また、システム・ワークフローと既存システムの接続においては、ESB機能により、Webサービス、JMS、MQ等の多様なプロトコルおよびフォーマットを使用可能で、SAP等の外部アプリケーション・パッケージに対応するアダプター(*1)と組み合わせることもできます。これらのシステム・ワークフローを支える機能により、ビジネス・プロセスの結果に基づいてデータベースを更新し、次工程のメッセージ基盤に書き込むといった一連のシステム処理や、CSVから読み込みんだデータをXML形式で書き出すといったフォーマット変換を容易に記述することもできます。このシステム・ワークフローは、統合アプリケーションの開発ツールIBM Integration Designer(*2)を使用して開発を行います。IBM Integration Designerの持つビジュアルな開発環境とリポジトリー機能であるProcess Centerを連携して作業することが可能であり、ビジネス・プロセスとシステムワークフローを含めた一つの成果物としてバージョン管理されます。
*1、*2 別ライセンスが必要になります。
■BPELによるシステムワークフロー
■BPELによるシステムワークフロー

ナレッジ・ワーカーをサポートする基本ケース管理

●人とコンテンツやプロセスの連携に柔軟に対応
IBM Business Process Manager Advancedの基本ケース管理では、基本ケース文書と基本ケース・フォルダーをサポートするための組み込みのコンテンツ・リポジトリーを備えています。基本ケース管理は、ナレッジ・ワーカーが主導する業務へのシステムとしてのサポートを提供します。基本ケース管理においては、以下のような特徴のある業務の形式を取り扱うことができます。
- アクティビティー間に決まった順序がない
アクティビティーの順序は、実行の回数も含めて、ナレッジ・ワーカーの判断で決定できます
- 担当者と前提条件により実行順序が制御される
システムが実行のための前提条件に基づいてアクティビティーの実行を制御します
- 業務において文書ファイルへの依存性が高い
ナレッジ・ワーカーが文書の内容をベースに、経験に基づいて作業を遂行できます

●利用ユースケースも多様
基本ケース管理を利用することにより、従来のプロセス記述だけでは複雑になりがちな処理パターンもシンプルに記述することが可能になります。通常のプロセスだけでは表現し難いクレーム処理のような例外処理や、プロセスで記述すると複雑化してしまうプロセス起動ためのナビゲーション・フロー等へ基本ケース管理を適用できます。IBM Business Process Manager Advancedでは、プロセスと基本ケース管理を組み合わせることにより、以下のようなパターンで業務を構築できます。
- プロセス中心+基本ケース管理
プロセスの中に幾つかの順序付けされていないアドホックなアクティビティーが存在するパターン
- 基本ケース管理中心+プロセス
幾つかのアクティビティーが順序付けされているが、その他はアドホックなアクティビティー

関連リンク
さらに詳しい情報は

■IBM Business Process Managerのサポートするプロセス
■IBM Business Process Managerのサポートするプロセス

この記事をPDFで入手

あなたにお薦めのコンテンツ

人気コンテンツ

© OnChannel Japan Co.,Ltd. Sponsored by IBM Japan, Ltd.
pageTOP